手押しトロッコで北朝鮮から国境越え ロシア外交官や子供たち歓声

手押しトロッコで北朝鮮から国境越え ロシア外交官や子供たち歓声

ロシア外務省は25日、北朝鮮のロシア大使館に勤務するロシア人外交官とその家族が、手押しトロッコという異例の手段でロシアに帰国したと明らかにした。北朝鮮は新型コロナウイルス対策として国境を封鎖している。このため、外交官たちは「ほかに手段がなかった」とロシアは説明している。

外交官と家族の8人はまず電車とバスで平壌からロシア国境まで移動。その上で、線路上を約1キロ、手押しトロッコで移動した。

ロシア外務省はフェイスブックで、「国境が1年以上封鎖され、旅客の移動が停止しているため、帰国の旅は長く厳しいものになった」と明らかにした。

同外務省が共有した写真では、外交官と子供たちが荷物と共にトロッコに乗り、冬枯れの景色の中を移動している。また動画では、国境の豆満江に架かる鉄道橋を渡り、国境を越えた瞬間に歓声を上げる様子も映っていた。