日本人妻に「連れ去られた」子供に会いたい……仏男性が東京でハンガーストライキ

日本人妻に「連れ去られた」子供に会いたい……仏男性が東京でハンガーストライキ

東京のオリンピックスタジアム近くで、フランス人男性が7月10日にハンガーストライキを始めた。実の親による子供の連れ去りに抗議するために。

フランス人のヴァンサン・フィショさんは、日本人の妻が3年前に2人の子供を連れて自宅から姿を消して以来、子供に会えていないと訴えている。

日本では結婚生活が破綻した場合、片方の親だけが子供全員の単独親権を得ることができる。そのため、フィショさんに起きた出来事は日本では珍しいことではない。

ハンガーストライキは世界中の注目を集めており、同様の経験を持つ人たちが活動に加わった。

フィショさんは転倒して手を骨折し、手術のため抗議を中断せざるを得なくなったが、今後も継続する意向という。

リポーター:ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ

プロデューサー:中山千佳